在宅勤務

在宅勤務の情報。在宅勤務評価。在宅勤務口コミ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「在宅勤務で生産性向上」に約8割が同意

アバイアの調査によると、在宅勤務が社員の生産性を向上させる、という考え方が日本のビジネスリーダーにも広がっている。だが社員の管理が難しい点に課題もある。

 「在宅勤務は社員の生産性を向上させる」と日本のビジネスリーダーの8割近くが評価している──アバイアの最近の調査でこんな結果が出た。在宅勤務は生産性を上げつつ、仕事と生活のバランスを取るためにも有益だという。

 モバイル技術の企業への影響を調べるため、アバイアがアジア・パシフィックの11カ国・地域のビジネスリーダーを対象に調査を実施。日本では6月、101人を対象に電話で聞いた。

 日本の調査によると、在宅勤務が社員の生産性を向上させることに「とても同意する」が24%、「同意する」が53%と高評価。「同意しない」は15%だった。

 ただ、在宅勤務する部下のことを「信頼している」が64%だったのに対し、19%は部下を「信頼しない」と回答。在宅勤務の普及が一部企業にとどまっている理由として、社員の管理が難しい点が指摘されている。

 調査でも、「会社は概して社員に在宅勤務可能なテクノロジーを与えることに慎重である。なぜなら管理できなくなることを恐れているからである」という質問に対しては「強く同意する」が10%、「同意する」が62%だった。アバイアは「在宅勤務社員の環境を良くするのは、上司の部下への信頼」だと提言している。

 高速回線やVPN、SkypeのようにPCで使えるIPソフトフォンが普及し、自宅でもオフィスと同様のコミュニケーションインフラを整備することは難しくない。アバイアの英国法人では在宅勤務を奨励しており、「家族との時間を尊重できる柔軟な働き方が仕事への満足度を高め、社員それぞれに合ったスケジュールで働くことで生産性も高まる」としている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/29/news077.html
スポンサーサイト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


在宅ワーク(ざいたく―)とは、自宅を拠点として仕事をすること。テレワークの一種。

雇用関係のある場合とない場合に大別される。前者の場合は、ノートパソコンを自宅に持ち帰って仕事をするようなケースで、後者は請負的なケースである。自営業者的なSOHOが在宅ワークと呼ばれるケースもある。

在宅ワークの実態そのものが認知されていないため、在宅ワークの良さを売りにする悪徳商法が数多く存在する。これらは別名「内職商法」とも呼ばれる。 たとえば、次のセールストークが使われている場合は要注意である。

「在宅ワークとは自宅でパソコンを使ってできる仕事で、自分の好きな時間に好きなだけできます」
「パソコンの知識のない方でも、基礎知識やスキルを実践を通じて身につけることができるようにサポートしてもらえる企業を紹介しています」


インターネットで在宅ワークや内職のキーワードで検索すると内職商法業者が上位にランキングされる。資料請求がある場合は、まず間違いなく内職商法業者である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E5%AE%85%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF


以上のように在宅ワークは非常にリスキー(危険)な仕事だとわかります。では、自宅で仕事なんて到底叶わない夢なのでしょうか??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。